ラスクラスのプログラミングと音楽の日々

プログラミングと音楽についての個人的な書き込みをしていきます。

ナラティブ・セラピー【リワーク】

この記事はリワーク受講者としての立場で学んだことをまとめた物です。
その為内容の正確性については保証せず、責任を持ちません。

この記事ではリワークで行ったナラティブ・セラピーについて振り返っていきます。

ナラティブ・セラピーとは?

ナラティブ(物語)セラピーは、クライエント(患者)の語る「物語」を通して援助を行うものです。
クライエントの現実として存在し、支配している「物語」を、援助者は、クライエントと共に見出していく作業を行います。
そして、クライエントが新たな意味の世界を作り出す事により、問題状況から決別させることを目的としています。

クライエントは「自己」についての否定的な「物語」を抱いている場合が多く、それを変えることができないと信じ込んでいる場合に有効です。
クライエントが自分の中で確立している「物語」を「ドミナント・ストーリー」といいます。
クライエントは援助者との対話を通してドミナント・ストーリーを解体していきます。
またストーリを書く作業を「問題の外在化」といい、問題と距離を取ることができます。
そしてクライエント自身が新たに構成ストーリーを「オルタナティブ・ストーリー」といいます。

リワークではどの様に活用したか

リワークでは集団で学んでいるため、一人が自分のドミナント・ストーリーを発表し、それに対して他のメンバーがオルタナティブ・ストーリーや休職原因、再発予防策を考えるプログラムでした。

私のナラティブ・セラピーについて

私のドミナント・ストーリーについては以前記事にした生い立ちを参照ください。

rascal-class.hatenablog.com

休職原因

休職原因としては以下の様な物が挙げられました。
量が多いためあげられたものの一部抜粋になります。

  • 母親の厳しさから「すべき思考」や完璧主義が強い
  • 思い込みが激しく自他ともに「こうあるべき」が強い
  • 自己肯定感が低く、劣等感を感じている
  • 相談できる身内がいない
  • 叱られることへの恐怖心が強い
  • 他人への評価が極端
  • 相談ができない

再発予防策

再発予防策としては以下の様な物が挙げられました。
これも量が多いため挙げられたものの一部抜粋になります。

  • 思考の癖を認知行動療法を通して変える練習をする
  • 自分にしかできないことを見つける
  • 等身大の自分を認める
  • できることを外在かしてみる
  • 程々でもOKという考え方を持つ
  • 失敗した自分を受け入れる
  • アサーティブに相談してみる

オルタナティブ・ストーリー

オルタナティブ・ストーリーとしては以下の様な物が挙げられました。
こちらも量が多いため一部抜粋になります。

  • 素敵な妻がいて羨ましい
  • 修羅場をくぐった先で幸せを掴んだ
  • 子供の頃好きだったことが仕事になっている
  • 自分のあるべき姿と闘ってきた半生だった
  • 子供の頃から良い友人に出会えている
  • 職場で重要な仕事を任されており、能力が高い
  • 行動力があり向上心も高い
  • 何度挫折してもその度に立ち上がってきたのは素晴らしい
  • 自分を守ることができる

終わりに

リワークの中ではナラティブを発表することが一大イベントとなります。
個人的には自分のナラティブを発表することで自分の嫌な面と向き合う事になりましたが、書き出して発表する事でそこから距離が取れた気がしました。
また色々と他のメンバーから意見がもらえ、自身の休職原因や再発予防策をより詳しく見る事ができたと感じています。
一人でやるのが難しい作業にはなるため、行う際はリワークやカウンセラーなどを活用すると良いでしょう。

rascal-class.hatenablog.com