ラスクラスのプログラミングと音楽の日々

プログラミングと音楽についての個人的な書き込みをしていきます。

再発・再燃予防について【リワーク】

この記事はリワーク受講者としての立場で学んだことをまとめた物です。
その為内容の正確性については保証せず、責任を持ちません。

この記事では復職に向けて、再発・再燃予防について解説していきます。

再発・再燃とは

気分障害はエピソード性の疾患であるため、完全寛解したかどうかがわかりにくいです。
またそれぞれの用語に関しては以下の通りとなります。

  • エピソード性:症状が軽快したり、増悪したりすること
  • 完全寛解:症状が完全に消え去った状態(連続して2週間以上)
  • 部分寛解:症状が軽くなった状態
  • 再発:完全寛解状態から症状が出現すること
  • 再燃:軽快状態から症状が増悪すること

集団心理療法について

集団心理療法とは、セラピー・訓練・心理的成長を目的として、言語的・非言語的コミュウニケーションを媒介としながら、集団の機能・過程・ダイナミクス・特性などを用いる援助技法です。
リワーク・プログラムは集団心理療法とリハビリの機能を持ちます。
リワーク・プログラムの集団心理療法としての役割は、参加メンバー同士相互交流及びプログラムによる様々なスキル獲得による治療効果(再発・再燃予防)にあります。

様々なスキルの中には以下の様なものが含まれます。

  • 自己理解
  • コミュニケーション
  • ラクゼーション
  • ストレス対処

自己理解

自己理解では以下の様なことを行います。

  • 考え方や感じ方の癖を知る(7コラム)
  • 対人コミュニケーションのパターンを知る(DESC)
  • ストレス・サインを知る
  • 得意・不得意を知る
  • どういうことにストレスを感じるのかを知る
  • 休職原因を知る

コミュニケーション

リワークの場で、様々な年齢層の、様々な業種のメンバーと相互に交流することで、自分のコミュニケーション・スキルを理解します。
どういう時に、どの様なコミュニケーションを測ればいいかを学び、実践する。
日々の生活で応用できる様にする。

ラクゼーション

ラクゼーションでは以下の様なことが大切です。

  • 身体の声を聞く
  • どういうこと・ものでリラックスできるかを知る
  • リラックスするための方法を知る
  • 副交感神経系を活性化させる方法を知る
  • 日々の生活で応用できる様にする

ストレス対処

自己理解・コミュニケーション・コミュニケーションの学びを通して、日常のストレスに対処する方法を知ります。
そこからストレス対処法を実践します。
そして日々の生活で応用できる様にします。

再発・再燃予防の原則

生活リズムを整えることが基本です。
中でも睡眠リズムを整えることは必須です。
自己理解をベースに、ストレス耐性を高めるためのスキルを獲得し、普段使いできる様になれば、ストレスに対処できる様になります。
ストレスがあるのは当然です。
なくなることはないため、自分で対処できる方法をできるだけ持っていた方が良いです。

rascal-class.hatenablog.com