ラスクラスのプログラミングと音楽の日々

プログラミングと音楽についての個人的な書き込みをしていきます。

【読書感想】何も見えない私の所に超霊能力児が生まれてきた!

今まであまり読んだことがありませんでしたが、最近スピリチュアルに関する本を興味があり読んでいます。
その中でタイトルに興味が惹かれたため読んでみました。

読んだ感想としては正直自分が生きている世界とは違う世界の話のように感じました。
私自身は霊的な能力はないので、幽霊が見えるとか、寝ている間に天国で仕事をするという話を実感として感じることはありませんでした。
一方で私の主観になりますが、著者が「自分の子供が霊感があり凄い」という主張よりかは「自分は霊感がないため、子供を助けることができない」という苦労の方が大きいように感じ、あまり一般的ではない苦労をされているように感じました。
幸い著者の周りには理解ある方が多かったため、助けてもらえる環境にあったそうです。

参考になるかは分かりませんが、子供が見えないものが見えていそう、など霊的なものがある場合は参考になる書籍かと思います。
逆に著者の子供は初めから霊感が備わっていたので、霊感などを身につけたい場合などにはあまり参考にならない本だと思います。
一つのものの見方として面白い本と感じたので、ぜひ興味あれば読んでみてください。